健康ブログ

2018.12.06更新

現在、巷で流行している「糖質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」があります。

 

糖質制限

 

主食である米やパン、麺類などをできる限り食べないようにするというダイエット法で試した方も多いと思います。

当院にダイエットに来られる方の中にも糖質を摂らずにダイエットされている方が大勢みえます。

糖質制限ダイエットは、短期間ですぐに体重が減り始めますが、その後減らないことが多くそればかりか脂肪はあまり減らないようです。

 

人間は、大量の糖質をエネルギー源として使っているのですが、糖質制限で糖質が不足した際は、肝臓や筋肉、脂肪に貯蓄されたグリコーゲンをブドウ糖に変換して使います。

グリコーゲンが使われてもさらに糖質が足りなくなると、今度は筋肉や脂肪を分解してブドウ糖が作られるのですが分解の優先度は筋肉の方が早いため筋肉量が落ち代謝が低下し、やせにくく太りやすい体質になってしまいます。

結果、体重が適正でも体脂肪率が高い、いわゆる「隠れ肥満」状態になる可能性が高くなります。

糖質が分解された状態であるブドウ糖は脳の栄養素のため、摂取量が足りないと脳のパフォーマンスが低下します。

ボーっとした感じが続いたり、集中力の低下や無気力になることもあり要注意です。

 

また糖質制限をしている時、糖質以外なら何をどれだけ食べてもよいと勘違いし、カロリー過多になることで痩せられないケースも多くあります。

主食の糖質を抜くストレスや空腹感により、必要以上に間食してしまったり、糖質制限でダイエットに成功したとしても、糖質を制限し続けなければ簡単にリバウンドしてしまうため、体重維持が非常に難しいようです。

 

つらいダイエット

 

2014年に糖質制限食とバランス食でどちらのほうが痩せるのか比較した実験があります。
糖質を制限した食事を摂ったグループと、糖質だけでなく脂質とタンパク質も合わせてバランスよく減らしたグループに分けて調べた結果、痩せるということに関しての効果は変わらなかったそうです。

 

では何を食べれば良いのか?

 

糖質・脂質・タンパク質をバランスよく食べるべきです。
一瞬痩せたとしても老化が進んだりやつれて健康を失っては意味がありません。

どんなバランス食が良いのか?運動はどうすればいいのか?知りたい方はカウセリングにてご質問下さい。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

・ダイエットがうまくいかない

・痩せてもリバウンドを繰り返してしまう

・ダイエットを始めても意思が弱くて続かない

・健康のために痩せなきゃいけない

 

それなら【躰・工房 各務原店で耳つぼダイエット】がオススメです!!

ダイエットに必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「耳つぼ」によって、理想のダイエットをスムーズに提供します。

 

耳つぼダイエットの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.11.29更新

 

腸活を始めるなら、まず毎日の食習慣を振り返って[その日の食事] = [お通じの状態]を

結びつけて腸内環境を見つめ直すクセをつけるようにしましょう。

そして、食に対するきちんとした知識を持つことも大切です。

例として、ヨーグルトを食べれば健康になれると思っている人が多いですが、それだけでは便秘は解消しません。

肉食を習慣にしている人は、食べたあと自分の腸内環境がどうなっているかを知ることも大事です。

 

食事を考える

 

 腸内環境の悪化を改善させるカギを握るのが食物繊維です。

 この食物繊維をたくさんとるにはどうしたらいいのか?

できることから食習慣を変えていくことが必要です。

 

◇ ちゃんと時間をつくって朝食を食べる

 朝食を食べると生活のリズムが整うだけでなく、規則的なお通じを促します。

 どうしても時間が無いのであれば、バナナやフルーツとたっぷりの水分を摂るだけでも違います。

 

◇ ご飯に玄米や雑穀を混ぜてよく噛んで食べる

 最近は炭水化物を抜くダイエットが大流行していますがこれは間違いです。

 炭水化物を抜くと、善玉菌を飢餓状態に追い込んで悪玉菌を活性化させる原因にもなります。

 

お米を食べよう!

 

 腸活するならば、主食を抜くのではなく おかずを厳選し絞り込むことが重要です。

 その際おすすめなのが、白米に玄米や雑穀米を混ぜることです。

 食べすぎを防ぎ、食物繊維と栄養価を高め、便秘も防ぐ体に嬉しい効果がたくさんあるのでオススメです。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.11.16更新

日々の生活習慣が、腸内環境に大きな影響を及ぼしますが、その中でも食事は、

腸に直接モノを送り込むので、腸内環境にダイレクトに影響を与えてしまう重要な要素です。

 

口から肛門

 

腸を強くする食習慣として、

・朝昼晩と3食規則正しく食事をする

・野菜をベースに考えて食物繊維をとる

・発酵食品などで、腸内バランスを整え善玉菌優位の状態にする

これらが、とても大切になってきます。

 

例としては、

□朝食を毎朝必ず食べる

□主食を米にして、さらに雑穀や玄米を混ぜる

□おかずを魚をメインにした和食にする

□間食をナッツや果物など天然食材を食べる

□毎食野菜を欠かさないようにする

□飲料はお茶にする

□発酵食品を一品そえる

□使う油をオリーブオイルにする

□料理には、ハチミツや黒糖をつかう

□生味噌を加熱せず調味料としてつかう

 

人によって、腸内環境の整え方は違ってきます。

毎日の食習慣を思い出して、少しずつ取り組んで

自分らしく腸活してみましょう!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.25更新

腸と脳

 

「腸は、第二の脳である」と、よく言われます。腸は脳や私たちの意志などの影響と関係なく機能しています。

近年では、腸と脳は互いに会話しあい働いていることが分かってきています。

脳は、空腹や排便を促すよう腸へ働きかけ 腸は、気分や心の状態を左右するドーパミンやセロトニンの分泌を脳へ働きかけています。

 

 

脳と睡眠

 

寝ている間 脳は休んでいますが、腸は栄養の吸収から排泄、免疫からホルモン分泌のバランス調整まで休むことなく24時間行っています。

また臨終の際、脳は初期の段階で死を迎えますが腸は最後まで生きているそうです。

腸が9メートルもある消化器のなかで7メートルと多くの部分を占めているのは、その働きの重要さからなのでしょう。

 

そんな大切な腸の健康を考え、腸の環境を整えることは体と心の全てを整えることに繋がるのです。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.18更新

カウセリングをしていると、お通じの悩みを持っている人が多いことに驚かされます。

その悩みに対して、腸活されている内容も様々ありますが、その中でももっともポピュラーな方法がヨーグルトを食べることでしょう。

果物と混ぜたり、温めて食べたり、たくさん食べても おなかの調子が良くならない人が少なからずおみえになります。

 

ヨーグルト

 

あまり語られることがないですが、ヨーグルトの菌にも種類があり、効果がイマイチの場合、自分のおなかに合っていないヨーグルトを選んでいるかもしれません。

そもそも乳製品が体質にあっているかどうか、野菜をしっかり食べているか、運動不足になっていないか、全体的に考えていく必要があります。

 

また、便秘や下痢のどちらでも安易に薬を使うことはおすすめ出来ません。

下痢止め薬は、下痢の原因となる病原菌だけでなく、腸内フローラの善玉菌まで殺してしまいます。

便秘薬は特に注意が必要で、薬なしでは排便ができない‥‥なんてことになることもあります。

 

便秘薬

 

薬に頼るとその時の状態は、良くなりますが腸内環境は整わず、その後状態が悪化することが多々あります。

まずは、食生活と運動を見直し、腸内環境を整えることが重要です。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.11更新

腸内フローラのバランスが整ってくると病気知らずの生活を送れます。

年齢は関係ありません。寿命の最後まで元気に過ごすことができるでしょう。

 

いつまでも元気

 

 

しかし、気を抜いて乱れた生活を送っていると腸内フローラのバランスは、徐々に崩れてきます。

たとえば肉食過多、油脂のとりすぎ、野菜不足、運動不足などです。

すると悪玉菌が増えてきます。最初に起こるのは下痢や便秘です。

 

便秘や下痢がツライ

 

これは腸内フローラからの「悪玉菌が増えてきて危険だよ」というサインです。

この時点で腸内環境をよくするように生活を見直し改めることが大切です。

現在すでに下痢や便秘などで体調が優れないという人は、必要以上に薬に頼らず、

自力で腸内環境の改善を目指すことが根本的な解決への近道になるでしょう。

 

[善玉菌が増えると]
・老化防止
・健康促進
・アレルギー改善
・美肌
・気力、体力の充実

 

[悪玉菌が増えると]
・病気になりやすい
・老化促進
・アトピー、花粉症
・肌荒れ
・無気力、疲労感

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.03更新

健康は、腸内フローラ=腸内細菌のバランスをどう考えるか ということに尽きます。

腸内フローラ


このバランスとは、全体の3割を占める[善玉菌]と[悪玉菌]。残りの7割は[日和見菌]と呼ばれる細菌群です。

[日和見菌]は培養さえできていない未知の菌で、まだまだ研究の途上だそうですが[酪酸]という物質を生産するものが多く存在し これは腸内環境を良くし、ガン細胞を抑制する重要な物質だということがわかっています。

日和見菌は、[善玉菌][悪玉菌]のバランスによってその働きが左右され加齢とともにバランスは崩れやすくなり、健康状態も悪くなりやすくなります。

腸内バランス

腸内フローラの理想的なバランスは、[善玉菌]2[悪玉菌]1[日和見菌]7 です。

これが崩れ1:2:7や1:3:6 になることもあります。

 

[善玉菌]腸の働きを整え、消化吸収を促して排泄する、免疫力を高めるために有益な物質を生産し、健康な生活をサポートしてくれます。

 

[悪玉菌]肉などのタンパク質を発酵分解し、その際 有害物質を発生させます。悪玉菌が優位になると有害物質の量が増えて、吸収さらて全身にめぐり悪さをしたり、おならが臭くなったりします。

 

[日和見菌]まだほとんど解明されていない全体の7割をしめる未知の菌。善玉菌と悪玉菌のバランス次第で良い働きも悪い働きもします。

 

いかに常日頃から[日和見菌]を味方につけておくかが大切になります。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

動画も合わせてご覧下さい

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.09.28更新

 

近年、腸の重要性が語られることが多くなり 世間でも腸活が意識されるようになってきました。

今では腸内細菌という言葉もすっかり浸透して知らない人はいないのではないのでしょうか。

腸内細菌は、1000種類以上住んでいてその重さは1.5kgにもなります!

この細菌の生態系を腸内フローラ(花畑)と言います。これもTVや雑誌でよく目にするようになりました。

 

フローラ

 

この花畑の様相によって、いつも元気溢れアクティブな人、病気になりやすい人、疲れやすい人、若々しい人など、健康や美容はもちろん、脳・性格にいたるまで影響を与えています。

 

実は大腸は、病気の発生源となりやすく、一見まったく関係無さそうな病気もほとんど大腸が関係しています。

排泄するべき有害物質が滞ることにより体内に吸収され、そのまま血流にのって全身に蔓延してしまうのです。

 

これを防ぐには腸内にたまった有害物質をすみやかに排出しなければなりません。

そのために重要なのが腸内フローラの状態です。腸内フローラの状態が、病気の発生源になるか、健康の発生源になるかがきまるのです。

そのコントロールは薬ではできないので腸活がとても重要となるのです。

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.12更新

 

私たちは、生きていくために必要な栄養素を食べ物から得ています。

食事

口に入った食べ物は、歯で噛み砕かれ、胃で溶かされ攪拌され、その後、酵素の働きによって体にとり込まれやすい形に変えられます。

そして小腸から体内に吸収され、全身の細胞に運ばれます。細胞に運ばれた栄養素は、体のあらゆる機能の維持のために使われます。

消化管で分解・吸収されなかったものは不要物として排泄されます。

胃腸

多くの方は、食べたものが全て吸収されると思っています。しかし、実はそれは正しくありません。医学的には腸は体の外と考えられています。腸から吸収されることではじめて体内にとり込まれたと判断します。

食べ物の腸での体内吸収率は人によって異なるので、腸を通過した栄養素のうち、実際に何パーセントが吸収され、利用されるのか考えなければいけません。

 

つまり「何を食べるか」だけでなく「いかに吸収、利用させるか」が大事なのです。

体内で行われる化学反応やエネルギー変換のことを代謝といいますが、代謝がスムーズに行われるためには、さまざまな栄養素が複合的に必要になります。栄養素は必ずチームで働くのです。

サプリメント

美肌のためにと「ビタミンC」や「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などのサプリメントを単独で飲むことは間違いではありませんが、あまり効果的ではありません。また、糖質制限ダイエットのように特定の栄養素を制限する食べ方は、チームのバランスを欠くことになり、代謝がスムーズに行われませんので注意が必要です。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.08更新

 

健康と美容を維持していくためには、【体・心・環境]のバランスがとても大切です。

 

食、心、環境のバランス

 

特に肉体的な健康には『食、睡眠、精神状態』は直結しています。精神の健康は睡眠に直結しますが、食にも大きく依存しています。

食事の大切さや栄養が不可欠なのは、皆さんご存知の通りなのですがこれがとても困難なのが現状です。日本の食は混迷を極めているといっても過言ではありません。一般家庭でこれだけ世界各国の料理を食べる習慣のある国は他に例をみません。朝はトーストに目玉焼きとドレッシングのかかったサラダ、昼は焼き魚定職、夜はカレーライス、週に一度は外食。最近はベトナム料理にはまっている・・・と聞いても珍しいと感じることもないでしょう。

 

豊富な食事

 

流通している食材の種類も他国の比ではありません。食べやすさや見栄えのよさの追求により、脂の乗った肉や魚、甘みを追求した果物が当り前に身近にあふれ、いつでも食べ物が手に入るコンビニや食材が安く手に入るお店も多くあります。

私たちの暮らしている日常は、普通に暮らしているだけでもエネルギーの摂り過ぎになりやすく、お腹いっぱいになることは簡単で、その一方で栄養バランスは偏りやすいのです。これは社会的な問題であり個人がどうこうと変えることは難しい現実です。

 

こうした現実の前に西洋医学もちょっとした困難に直面しています。

お医者さんは、「健康の専門家」ではなくて、「病気の専門家」です。病気と健康はハッキリと切り分けられるものではなく一直線上に連続しておこっている状態の変化です。なので健康を考えるときに、「完璧な健康」なのか「病気の要因を抱えている健康」なのか、「病気直前の健康」なのか、さまざまなレベルが人それぞれあり幅があるのです。

さらに困ったことに、健康の度合いは臓器ごとでも異なっています。心臓、血管、脳神経、消化管、肝臓、脾臓、血液骨髄系・・・。加齢するごとにそれぞれの臓器が酸化、糖化、炎症していくことで、身体の健康への余力が落ちていきます。そして、どれかの臓器の防御系が決壊すると病気になります。

難しいのはそれぞれの臓器の余力が非常に高いために、それぞれの健康状態を客観的に測定する方法が実際にはないということです。定期検査で血液検査をして、全てA判定が出たとしてもどれかの臓器が悲鳴をあげる寸前なのかもしれないということです。健康診断は完璧な健康状態であることを保証してくれるものではないのです。

 困るお医者様

では、健康を維持して、病気にならないためにはどうしたよいか?

例えば、特定の病気がわかっているのであれば、それに対して攻撃できる薬を作り投薬すればよい。これは「病気の専門家」の攻め方でお医者様の専門分野であります。しかし健康を守るためには、全ての方面に対して予備力、防御力を上げ高めるような考え方が必要となります。体の防衛能力を上げるには、食事や経度の運動が大切です。偏らずに満遍なく栄養を摂り底上げし、健康を害するリスクを取り除いていくこと。

さまざまな脅威から自分をどう防御するか。身体を支える要となる日々の食事をどうしたら見直すことができるか。興味があれば、ぜひ「耳つぼダイエットカウセリング」でご相談下さい。あなたに合わせて、あなたに出来る事を提案させていただきます。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

前へ
Facebook
Twitter