健康ブログ

2019.02.21更新

花粉と共に少しずつ春が近づいてきている気配ですが、

風は冷たく空気が寒く、温かいものがありがたいですね。

そして、季節的にまだまだ美味しいのが「鍋」です。

週に何度も鍋を食べる家庭の話しもお聞きします。

 

いろいろ鍋

 

鍋のイメージとしては、鍋の元を使えば簡単で手早く出来て

野菜もたっぷり取れて、おいしいのにヘルシーといったところでしょうか?

 

しかし、鍋料理は食べ方や選び方を意識しないと、知らず知らずのうちに太ってしまいかねません。

では「鍋」の問題点につていご紹介します。

 

・「鍋」の問題点その1 食べた量を明確に把握できない

 鍋は複数人分の食材が1つの鍋に入っていて何度も取り分けて食べるので、

 実際どのくらい食べたのか、量の把握がしにくくなります。

 おかずの1食分の目安量を当院では、お茶碗一杯と同等をおすすめしています。

 しかし、鍋の時はご飯を食べず鍋からだけ食べることで、食べた量が分からなくなりがちです。

 そのためこのくらいでセーブしておこうという意識も薄れてしまい、食べ過ぎの原因になります。

 取り分ける際に量をしっかり確認する、人任せにして出されるがまま食べないなど、工夫が必要です。

 最近では1人鍋ができるようなセットも売られていますので、1人前の量を事前に確認してみるのもおすすめです。

 

・「鍋」の問題点その2 選ぶ鍋、具材によって太るリスクが上がる

 同じ鍋料理でも選ぶものや具材によって、カロリーが高くなります。

 鍋の中でもすき焼き、キムチ鍋は脂ののったお肉を使うことが多いので要注意です。

 なかでも「すき焼き」は1人前900kcal前後と高カロリー。

 甘い割り下と脂ののった牛肉でカロリー、糖質が大幅にアップします。

 反対に寄せ鍋やかき鍋、水炊き鍋など、鶏肉や魚介類を使った野菜たっぷりの鍋は

 1人前300kcal以下に抑えられるので、シメまでしっかり楽しみたい方におすすめです。

 

・「鍋」の問題点その3 鍋のシメに要注意!

 鍋と言えば、おいしいのがシメ。具材のうま味がたっぷりしみ込んだご飯や麺、

 ですが、シメは主食となるご飯や麺が主体。食べ過ぎてしまえば、せっかくヘルシーなお鍋を選んでも台無しです。

 もしシメを楽しむ場合は、具を食べる量をソコソコに、おかわりをしないなど食べ過ぎにならないように注意が必要です。

 特に20時以降に食べる場合は、食べたものが脂肪に変わりやすい時間帯になるので気をつけましょう。

 自宅であればシメは翌朝の楽しみに取っておくのがベストでしょう。

 

低カロリー食材をプラスしてボリュームUP

 ボリュームや満足感を高めるには白身魚、貝類、こんにゃく、しらたき、豆腐、きのこ、海藻類といった低カロリー食材を活用しましょう。

 ダイエット中だけどもう少し食べたいときには、これらの食材から選ぶと体にも優しい鍋になります。

 

家族で温か鍋

 

「鍋」=「ヘルシー」と思い込んでいると意外な落とし穴にはまってしまいます。

食べ方や具材の選び方をしっかり意識しておけば、ダイエットの味方になりますので、ぜひ賢く楽しくお鍋を囲みましょう。

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

食習慣を改善して、スムーズにダイエットを成功させたい人は是非一度、躰・工房のダイエットカウセリングをお受け下さい。

あなたにあったダイエットプランを提供させていただきます!

 

 

《耳つぼダイエットの詳しい内容はコチラへ》 → https://bit.ly/2tj7QtN

 

《お問い合わせはコチラへ》 → https://bit.ly/2wjOFRq

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2019.02.14更新

「朝は食べる時間が無くて抜いています。」

「朝食は食欲がわかなくて食べられません。」

「朝食は食べなきゃいけないけませんか?」

 

食べる?食べない?

 

若い方を中心に、朝食を食べない方が大変多いです。

 

朝食は食べた方が良い?食べなくても良い?

巷では、「一日一食で十分だ!」とか「朝食を抜いた方が体によい」という意見も聞いたりします。

しかしどうやら、朝食抜きにはさまざまなデメリットがあるようです。

 

名古屋大大学院によるラットの実験ですが、起きている時間帯だけにエサを与えられたラットに比べて、4時間遅らせて食べ始めた朝食抜きのラットは、1日あたりのエサの量に違いはないのにもかかわらず、体重・体脂肪量が増えていることが判明したそうです。

さらに肝臓の時計遺伝子や脂質代謝のリズムも4時間遅れていることが明らかになったほか、体温が上昇している時間が短くなることもわかった。

研究グループは「朝食を抜くと、24時間のリズムを刻む体内時計の遺伝子が異常を起こし、活動時間が短くなってエネルギーをあまり消費しないため、体重増加をもたらす」と結論づけています。

元記事 : https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27138.html

 

実際、ダイエット中の人たちを見ている中で朝食を食べている人、食べてない人を比べると、朝食を抜いている食習慣の人の方がコントロールが難しいことが多く感じます。

食習慣を改善して、スムーズにダイエットを成功させたい人は是非一度、躰・工房のダイエットカウセリングをお受け下さい。

あなたにあったダイエットプランを提供させていただきます!

 

 

《耳つぼダイエットの詳しい内容はコチラへ》 → https://bit.ly/2tj7QtN

 

《お問い合わせはコチラへ》 → https://bit.ly/2wjOFRq

 

 

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.12.20更新

 

年末年始は食べ過ぎてしまいがちです。

 

おせち料理

 

人が集まる機会が多く、連休で生活リズムも乱れ、休まることなく食べたり飲んだり・・・

なにかと日常生活よりもカロリーはオーバー気味になってしまう方が多いのでは?

 

とあるデータによれば年末年始で体重が増える人約70%とほとんどの人が太り

そのうち50%の人は2kg以上増えるそうです。

 

体重増えた!

 

では、どうしたら体重の増加を防ぐことができるのか?

 

その1、食べ過ぎは翌日すぐに調整する

前日の夕食で食べすぎたときは、翌日の夕食までの間にカロリーの収支を調整してリセットすることを心がける。 これを習慣的に行えれば年末年始を無事乗り越えられます。

 

その2、食べ過ぎたものと同じものを控える。

お酒を飲みすぎたなら翌日はお酒を控える、揚げ物を食べ過ぎたなら翌日は揚げ物を控える、このように食べ過ぎた次の日は、基本的に取りすぎたものを避けるように心がけましょう。

また、肉や炭水化物は減らしつつ、魚・豆腐・豆類・野菜などで満腹感は維持すると調整しやすいです。

 

その3、水をたくさん飲む

意外と休みの時は水分の摂取量が減ってしまいがちです。太らないためにも、アルコールを分解するにも水はとても重要です。実は飲めば飲むほど痩せやすくなるのでいつも以上にちょこちょこと飲むと良いでしょう。

喉の渇きと、お腹が空いたとき、どちらも「空腹」と感じてしまうことがあります。こういった体の勘違いを防ぐのにも水分は多めに摂るのがベストです。

 

水分摂取

 

その4、軽く散歩して体を動かす

食べ過ぎに加えて、動かず消費代謝が上がらなければ体重増加しやすくなるのは当然ですよね。

食べ過ぎた次の日は。ゆっくり無理のない程度で散歩などすることも必要です。

初詣に歩いて出かけるのも良いですね。

 

その5、熱いシャワーを浴びる&半身浴

仕事のあるいつもなら難しくても、休日なら実行しやすいのではないでしょうか?

発汗が体の調子を整え、リセットしてくれます。もちろん「その3」で挙げた水分の摂取も合わせる事をお忘れなく。

 

温浴

 

万が一食べ過ぎてしまい体重が増えても、翌日から即調整するかしないかでその後の体重が大きく変わってきます。どうしても調整がうまくいかないときは「耳つぼダイエット」でご相談下さい。

 

食べてしまう

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

・ダイエットがうまくいかない

・痩せてもリバウンドを繰り返してしまう

・ダイエットを始めても意思が弱くて続かない

・健康のために痩せなきゃいけない

 

それなら【躰・工房 各務原店で耳つぼダイエット】がオススメです!!

ダイエットに必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「耳つぼ」によって、理想のダイエットをスムーズに提供します。

 

耳つぼダイエットの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

 

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.12.06更新

忘年会シーズンに突入!すでに始まってしまっている人もいるようですが・・・ehe

 

ダイエット中はできるだけお酒は飲まない方がいい・・・飲み会続きでは太る・・・と分かっていても、職場や友人同士の付き合いで断れないのがつらいところ。太りにくい飲み方のコツを押さえて、忘年会シーズンを乗り切りましょう!

 

忘年会の注意点


アルコールを摂取すると肝臓がアルコールを分解する作業に追われ、つまみで摂取したエネルギーは直接、脂肪細胞に貯蔵されやすくなってしまいます。だから、酒を飲みながら食べると脂肪がつきやすいということになるのだ。

また体内に入ってきたアルコールを体外に排出するために大量の水分と栄養が必要となるのですが、ダイエットにおいて脂肪を減らすにも水分と栄養が必要なのに、アルコールを捨てるために使われてしまい脂肪を捨てるのが後回しになってしまいます。

以上のことから、ダイエット中の飲み会では対策が必要となります。

 

飲み会の前にすべきこと


今日は飲み会! という日には、朝食と昼食はいつもより少し控えめに。

お酒の席では、どうしても摂取カロリーが多くなってしまいます。

日中の食事を抑えれば、1日トータルでの摂取カロリーを増やさずにすみます。

 

ドリンク選び

 

お酒を選ぶときは、カロリーだけでなく糖質にも気をつけなければなりません。

糖質を含まないのは、ウイスキー、焼酎(甲類)、ジン、ウォッカなどの蒸留酒です。

甘いサワーで飲むのではなく、水割りやお茶割りを選べばさらに安心となります。

ウイスキーを炭酸水で割ったハイボールも飲みやすくておすすめです。

 

反対に注意が必要なのが、ビールや梅酒、甘いジュースやシロップが使われたカクテルなどです。

どうしてもビールが飲みたい! というときは乾杯の1杯だけにとどめておいて、2杯目以降は焼酎のウーロン茶割などにチェンジするのがベストです。

アルコールの処理には大量の水分が必要となるので、できればお酒と同量のお冷を飲むこと良いでしょう。

 

おつまみの食べ方

 

忘年会で太ってしまう原因は、お酒そのものよりも、一緒に食べるおつまみにあります。

居酒屋メニューには揚げものなど高カロリーのおつまみが数多く並んでいます。

お酒は食欲を増進させるため、ついつい食べ過ぎてしまいがちになります。

おつまみにはできるだけ揚げものは避け、サラダやキノコ料理、枝豆や豆腐などを意識して食べるようにしましょう。

肉類であれば、ささみや砂肝などの焼き鳥を塩で食べるか、ヒレやモモなどの赤身肉がオススメです。

 

また、食べる順番を工夫することで食べすぎを防ぐことができます。

はじめに汁物をとり、そのあとにサラダなどで野菜や海藻類を。

お酒を飲むときは、ご飯やパン、うどんなどの炭水化物は控える。

飲み会後の「締めのラーメン」もダイエット中は絶対NGです。

 

1日の総カロリーで調整


ダイエット中といっても、飲み会の席でカロリーばかり気にしていてはお酒や会話を楽しむことができません。

気をつけていても、お酒を飲むとどうしても摂取カロリーは多くなってしまいます。

「今日はお酒を飲む」と予定が分かっている日は、朝食や昼食の量を控え目にして、1日の総カロリーで調整するようにしましょう。

 

お酒を飲む前に小腹が空いている時には、ナッツやチーズを少量食べることで血糖値が急激に上がるのを防いぐことができます。

また、お酒で太らないために何より大切なのは、なによりも適量を守ること。

 

就寝予定時間の2時間くらい前になったら、お酒はストップしてお茶などに切り替えて、終電ギリギリまで飲み続けることは控えましょう。

 

飲み会後

 

最初にも書きましたが、アルコールの処理には大量の水分が必要となります。

帰宅後にも白湯など できるだけ飲むと翌日からのダイエットに向けてスムーズになります。

ダイエットに必要な栄養素も足らない状態になりがちなので翌日からの食事は、和食中心(雑穀や玄米)に発酵食品(特に味噌)を多く摂りバランスを整えることを優先しましょう。

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

・ダイエットがうまくいかない

・痩せてもリバウンドを繰り返してしまう

・ダイエットを始めても意思が弱くて続かない

・健康のために痩せなきゃいけない

 

それなら【躰・工房 各務原店で耳つぼダイエット】がオススメです!!

ダイエットに必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「耳つぼ」によって、理想のダイエットをスムーズに提供します。

 

耳つぼダイエットの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.12.06更新

現在、巷で流行している「糖質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」があります。

 

糖質制限

 

主食である米やパン、麺類などをできる限り食べないようにするというダイエット法で試した方も多いと思います。

当院にダイエットに来られる方の中にも糖質を摂らずにダイエットされている方が大勢みえます。

糖質制限ダイエットは、短期間ですぐに体重が減り始めますが、その後減らないことが多くそればかりか脂肪はあまり減らないようです。

 

人間は、大量の糖質をエネルギー源として使っているのですが、糖質制限で糖質が不足した際は、肝臓や筋肉、脂肪に貯蓄されたグリコーゲンをブドウ糖に変換して使います。

グリコーゲンが使われてもさらに糖質が足りなくなると、今度は筋肉や脂肪を分解してブドウ糖が作られるのですが分解の優先度は筋肉の方が早いため筋肉量が落ち代謝が低下し、やせにくく太りやすい体質になってしまいます。

結果、体重が適正でも体脂肪率が高い、いわゆる「隠れ肥満」状態になる可能性が高くなります。

糖質が分解された状態であるブドウ糖は脳の栄養素のため、摂取量が足りないと脳のパフォーマンスが低下します。

ボーっとした感じが続いたり、集中力の低下や無気力になることもあり要注意です。

 

また糖質制限をしている時、糖質以外なら何をどれだけ食べてもよいと勘違いし、カロリー過多になることで痩せられないケースも多くあります。

主食の糖質を抜くストレスや空腹感により、必要以上に間食してしまったり、糖質制限でダイエットに成功したとしても、糖質を制限し続けなければ簡単にリバウンドしてしまうため、体重維持が非常に難しいようです。

 

つらいダイエット

 

2014年に糖質制限食とバランス食でどちらのほうが痩せるのか比較した実験があります。
糖質を制限した食事を摂ったグループと、糖質だけでなく脂質とタンパク質も合わせてバランスよく減らしたグループに分けて調べた結果、痩せるということに関しての効果は変わらなかったそうです。

 

では何を食べれば良いのか?

 

糖質・脂質・タンパク質をバランスよく食べるべきです。
一瞬痩せたとしても老化が進んだりやつれて健康を失っては意味がありません。

どんなバランス食が良いのか?運動はどうすればいいのか?知りたい方はカウセリングにてご質問下さい。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

・ダイエットがうまくいかない

・痩せてもリバウンドを繰り返してしまう

・ダイエットを始めても意思が弱くて続かない

・健康のために痩せなきゃいけない

 

それなら【躰・工房 各務原店で耳つぼダイエット】がオススメです!!

ダイエットに必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「耳つぼ」によって、理想のダイエットをスムーズに提供します。

 

耳つぼダイエットの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.11.29更新

 

腸活を始めるなら、まず毎日の食習慣を振り返って[その日の食事] = [お通じの状態]を

結びつけて腸内環境を見つめ直すクセをつけるようにしましょう。

そして、食に対するきちんとした知識を持つことも大切です。

例として、ヨーグルトを食べれば健康になれると思っている人が多いですが、それだけでは便秘は解消しません。

肉食を習慣にしている人は、食べたあと自分の腸内環境がどうなっているかを知ることも大事です。

 

食事を考える

 

 腸内環境の悪化を改善させるカギを握るのが食物繊維です。

 この食物繊維をたくさんとるにはどうしたらいいのか?

できることから食習慣を変えていくことが必要です。

 

◇ ちゃんと時間をつくって朝食を食べる

 朝食を食べると生活のリズムが整うだけでなく、規則的なお通じを促します。

 どうしても時間が無いのであれば、バナナやフルーツとたっぷりの水分を摂るだけでも違います。

 

◇ ご飯に玄米や雑穀を混ぜてよく噛んで食べる

 最近は炭水化物を抜くダイエットが大流行していますがこれは間違いです。

 炭水化物を抜くと、善玉菌を飢餓状態に追い込んで悪玉菌を活性化させる原因にもなります。

 

お米を食べよう!

 

 腸活するならば、主食を抜くのではなく おかずを厳選し絞り込むことが重要です。

 その際おすすめなのが、白米に玄米や雑穀米を混ぜることです。

 食べすぎを防ぎ、食物繊維と栄養価を高め、便秘も防ぐ体に嬉しい効果がたくさんあるのでオススメです。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.11.16更新

日々の生活習慣が、腸内環境に大きな影響を及ぼしますが、その中でも食事は、

腸に直接モノを送り込むので、腸内環境にダイレクトに影響を与えてしまう重要な要素です。

 

口から肛門

 

腸を強くする食習慣として、

・朝昼晩と3食規則正しく食事をする

・野菜をベースに考えて食物繊維をとる

・発酵食品などで、腸内バランスを整え善玉菌優位の状態にする

これらが、とても大切になってきます。

 

例としては、

□朝食を毎朝必ず食べる

□主食を米にして、さらに雑穀や玄米を混ぜる

□おかずを魚をメインにした和食にする

□間食をナッツや果物など天然食材を食べる

□毎食野菜を欠かさないようにする

□飲料はお茶にする

□発酵食品を一品そえる

□使う油をオリーブオイルにする

□料理には、ハチミツや黒糖をつかう

□生味噌を加熱せず調味料としてつかう

 

人によって、腸内環境の整え方は違ってきます。

毎日の食習慣を思い出して、少しずつ取り組んで

自分らしく腸活してみましょう!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.25更新

腸と脳

 

「腸は、第二の脳である」と、よく言われます。腸は脳や私たちの意志などの影響と関係なく機能しています。

近年では、腸と脳は互いに会話しあい働いていることが分かってきています。

脳は、空腹や排便を促すよう腸へ働きかけ 腸は、気分や心の状態を左右するドーパミンやセロトニンの分泌を脳へ働きかけています。

 

 

脳と睡眠

 

寝ている間 脳は休んでいますが、腸は栄養の吸収から排泄、免疫からホルモン分泌のバランス調整まで休むことなく24時間行っています。

また臨終の際、脳は初期の段階で死を迎えますが腸は最後まで生きているそうです。

腸が9メートルもある消化器のなかで7メートルと多くの部分を占めているのは、その働きの重要さからなのでしょう。

 

そんな大切な腸の健康を考え、腸の環境を整えることは体と心の全てを整えることに繋がるのです。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.18更新

カウセリングをしていると、お通じの悩みを持っている人が多いことに驚かされます。

その悩みに対して、腸活されている内容も様々ありますが、その中でももっともポピュラーな方法がヨーグルトを食べることでしょう。

果物と混ぜたり、温めて食べたり、たくさん食べても おなかの調子が良くならない人が少なからずおみえになります。

 

ヨーグルト

 

あまり語られることがないですが、ヨーグルトの菌にも種類があり、効果がイマイチの場合、自分のおなかに合っていないヨーグルトを選んでいるかもしれません。

そもそも乳製品が体質にあっているかどうか、野菜をしっかり食べているか、運動不足になっていないか、全体的に考えていく必要があります。

 

また、便秘や下痢のどちらでも安易に薬を使うことはおすすめ出来ません。

下痢止め薬は、下痢の原因となる病原菌だけでなく、腸内フローラの善玉菌まで殺してしまいます。

便秘薬は特に注意が必要で、薬なしでは排便ができない‥‥なんてことになることもあります。

 

便秘薬

 

薬に頼るとその時の状態は、良くなりますが腸内環境は整わず、その後状態が悪化することが多々あります。

まずは、食生活と運動を見直し、腸内環境を整えることが重要です。

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.10.11更新

腸内フローラのバランスが整ってくると病気知らずの生活を送れます。

年齢は関係ありません。寿命の最後まで元気に過ごすことができるでしょう。

 

いつまでも元気

 

 

しかし、気を抜いて乱れた生活を送っていると腸内フローラのバランスは、徐々に崩れてきます。

たとえば肉食過多、油脂のとりすぎ、野菜不足、運動不足などです。

すると悪玉菌が増えてきます。最初に起こるのは下痢や便秘です。

 

便秘や下痢がツライ

 

これは腸内フローラからの「悪玉菌が増えてきて危険だよ」というサインです。

この時点で腸内環境をよくするように生活を見直し改めることが大切です。

現在すでに下痢や便秘などで体調が優れないという人は、必要以上に薬に頼らず、

自力で腸内環境の改善を目指すことが根本的な解決への近道になるでしょう。

 

[善玉菌が増えると]
・老化防止
・健康促進
・アレルギー改善
・美肌
・気力、体力の充実

 

[悪玉菌が増えると]
・病気になりやすい
・老化促進
・アトピー、花粉症
・肌荒れ
・無気力、疲労感

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・便秘や下痢を繰り返してしまう

・いつもお腹が重くて元気がでない

・ダイエットしてるのにうまくいかない

・腸活したいけどなにからはじめたらよいかわからない

 

それなら【躰・工房 各務原店で腸活!】がオススメです!!

腸活に必要な、「食事・生活習慣の指導」と 痛みの無い安心安全な「腸もみセラピー」によって、理想の腸活をスムーズに提供します。

 

腸もみセラピーの詳しいことは [コチラをクリック]

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

前へ
Facebook
Twitter