健康ブログ

2014.05.29更新


「ASKA」の覚醒剤使用疑
惑、逮捕が連日ワイドショーで話題になっています。

薬物(麻薬や向精神薬など)を摂ったことがある人が、服用を断って相当長い期間を経たある日、突然とんでもない行動を起こしたり、重篤な病気に見えるような症状に襲われることがあります。

これをフラッシュバックと言います。

薬物は「脂溶性」ですので体内に入った薬物は残留します。

どれくらい残留するか...というと10年かもしれませんし、20年かもしれません。

とにかく極めて長い間残留しその人を支配します。

突発的な行動としては、自殺衝動、攻撃性増加、ふさぎ込み、抑うつ、激しい頭痛、嘔吐、眩暈、悪寒、異常な発汗、発熱、痺れ、痙攣... etc。

出る症状は様々ですが、この突然の苦痛の原因が「薬物によるもの」という認識が希薄なままに「謎の体調不良」「疾患に罹患した」などと思ってしまう方も多いようです。

近年、こうした状況は「薬物」というものに限らず、有機溶剤(シンナーなど)、石油系の化学物質、農薬、食品添加物、放射能などによっても似たような状況が起きているそうです。

突然の不調は実はこうしたものが原因となっている可能性に関し、もっと自覚をしないと間違った治療へと誘われることとなってしまいます。

もっと向精神薬、もっと鎮痛剤、もっと咳止め、もっと麻酔、もっと...もっと...。


ちなみに「ASKA」の言い訳で出てきていた「アンナカ」安息香酸ナトリウムカフェインの薬としての作用は、「カフェイン」の作用と同じです。

市販の風邪薬にも入っています。
子供用の風邪薬にも入っています。
さまざまな栄養ドリンクにも入っています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

2014.05.29更新

人ごみに出ると、急に恐くなる。
めまいがしてくる、手足が震えて、動けなくなる。

当院に通われる女性からこんな症状がでると相談がありました。

調べてみたところ、仕事をもっている女性、子育て中の女性に多い症状だそうです。
真面目な方で、完璧主義の方に多く、また、大事に育てられた方に多くみられる傾向にあるようです。
病院に行けば「パニック障害」や「脅迫神経症」との診断で薬が出るケースでしょう。

どうしても、仕事を持っている女性や、子育て中の母親には過剰な負担がかかります。
まずは、負担が過剰で、全ての事を出来なくても「当たり前なんだ」と受け入れることです。

あなたが、「全て完璧にこなさなければいといけない!」と思ったり、人と比べて、「自分は出来ていない、足りない」と考えるのは止めることです。

自分のペースでいいんです。

これは慰めになるかどうか分かりませんが、女性は、年齢とともに次第に自信がついてきます。
図太くなり、貫禄がついていくものです。むしろ今の状況は、誰もが通る道と考えて、恐がらずに、こんなこともあるんだと思ってください。
ご主人や友人には、そんな状況があるたびにお話ししてください。

「心配させるのは気が引ける」ではなく、誰もが持つ不安を一番信頼できるパートナーと共有してください。

普段の生活での注意としては、あまり沢山のことを詰め込まない、疲れたらペースダウンして、しっかりと休むことも重要です。
それによって、出来ない事、やり残したことができても、それが、現実です。

受け入れることです。

もうひとつ大事なこと忙しい日常をこなすため、ストレスでの消耗を埋め合わせるためには、十分な微量栄養素の底上げが必要となります。
微量栄養素の底上げができていれば大丈夫です。
気が付いたら、そんな症状がなくなっていた! と言う日が、近い将来にやって来ます。

全ての働く女性、子育て中のママを応援しています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

2014.05.22更新


Q:ふくらはぎ揉みで血圧が下がりますか?


A:TVの「金スマ」で、「ふくらはぎ揉み」で血圧が下がる事を特集したようです。

血液の循環は、心臓がポンプ、血液を送る道が動脈、そこから小さな路地に当たるのが毛細血管、毛細血管が集まって血液を心臓にかえすのが静脈です。

血液を循環させているのは心臓だと思っている方が多いですが、心臓と言うポンプの力で血液を送ることができるのは動脈までです。
膨大な毛細血管に溜まっている血液を静脈に送り、静脈から心臓に返すのは筋肉の収縮運動です。

つまり血液循環には、

1.心臓というポンプが働く
2.動脈が順調に流れる
3.毛細血管・静脈からの返りが良い

と言う3つの要素が必要です。

下腿(ふくらはぎ)を揉む事は、3の毛細血管・静脈からの返りを良くすることを助けます。
本来なら歩く事で下腿の筋肉は収縮しますから、十分に歩いている人は「ふくらはぎ揉み」などしないでも、毛細血管・静脈からの返りは良好です。

つまり、「ふくらはぎ揉み」は、歩けない人の運動の代用にはなると思います。
運動ができない人、運動時間が確保できない人には良いと思います。
血液の返りがスムーズなら、心臓の負担は減り、動脈にかかる圧、つまり血圧も下がる事は期待できます。
歩く事による筋収縮の代用として「ふくらはぎ揉み」は健康に良いと言えます。

しかし、三つの要素の一つでしかありません。

血液循環にとっての一番の問題は、2の要素「動脈が順調に流れる」事です。
つまりは、動脈硬化を防ぐ事です。

3つの要素を全て解決してくれる方法は、

1.正しい食習慣
2.適正体重の維持
3.歩く

だと思います。

家の中でTVを見ながら「ふくらはぎ揉み」をするよりも思い切って、外に出て

歩きましょう!
走りましょう!
泳ぎましょう!


もし、健康について疑問をお持ちの方は、いちど[からかく]にご相談ください。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

2014.05.14更新

食後すぐの過ごし方について質問がありましたのでお応えします。
ダイエット中の方に限らず、食事の後すぐにしない方がよい事があります。


1.食後すぐに泳がない

食後30分は、消化のため胃腸の血流が活発化しているため、さらに刺激を与えてしまうと、痙攣が起きる危険性があります。


2.食後すぐに入浴やシャワーしない

食後すぐに入浴すると、手先や足を温めようと血液が胃から手足へ流れていくため、胃の消化活動が抑制され、消化不良を起こすことになる。食後30分から1時間は入浴やシャワーは控えた方が良いでしょう。


3 食後に昼寝をしない

食後、体を横にすると、胃液が胃から出てしまい、酸が腸に炎症を起こす場合がありますので要注意。


4. 食後に散歩をしないほうが良い

食後すぐに運動すると胃酸が逆流し、胃の中の食べ物がきちんと消化されなくなる恐れがあります。


5. 食後にお茶を飲まない

お茶に含まれているポリフェノールは、体に必要な鉄分の吸収を妨げてしまう。また酸性のお茶もタンパク質の吸収を妨げます。
しばらく休憩してから、ゆっくりとティータイムでお茶を飲むようにしましょう。


ざっと、簡単ではありますが以上です。
意外にも消化に悪いことを習慣化してしまっている場合がありますが、上記のお茶や散歩もその典型でしょう。
みなさんも、食後の習慣を見直して、過ごし方を少し変えてみてはいかがでしょうか?


もし、健康について疑問をお持ちの方は、いちど[からかく]にご相談ください。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

2014.05.08更新

ある日、お医者さんに

「あなたは、コレステロール値がとうとう220mg/dlを超えてしまった。放っておくと動脈硬化を起こします。血栓ができて、やがて心筋梗塞になるでしょう。脂質降下剤を処方するので、毎日飲んでください。」

といわれたら多くの方は、

「薬を飲んで良くなるなら・・・助かるなら・・・」

と、素直に従い飲むことを選択して、数値が下がればそれで安心することでしょう。

コレステロール値は200~220が境界域とされていますから、200を超えると薬を処方されることが多いようです。

1987年までは、基準値は250でしたが、根拠なく220に下げられ、2001年に240に上げようという動きが出ましたが、なぜか潰されました。

統計的には、コレステロールを下げる薬が発明されてから、心筋梗塞、脳卒中が減ったと言うデータはありません。

コレステロールを下げる薬は、世界で最も売れている薬・・・つまり、薬会社が最も儲けている薬です。

僕は、「毎日飲み続ける薬は薬ではない。3日で効く薬、特効薬以外は使うべきではない」と考えています。


「薬で数値が下がった!⇒放ておいても良い」

ではありません。

「薬で数値が下がった!⇒薬で抑えられているうちに自分でできることは?」

と考えるべきだと思っています。

高いから薬で下げる、ではなく、血圧やコレステロールの意味するところが大事です。

血圧が上がる、コレステロールが上がるとはどういうことかを理解して対応すれば、「一生薬を飲む」事にはなりません。

少しの生活習慣を変えるだけで身体に大きな変化があることを知っています。


もし、健康について疑問をお持ちの方は、いちど[からかく]にご相談ください。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

2014.05.01更新

新潟・三条市が学校給食の牛乳を廃止することを決めたことが、少しの間TVで取り上げられていました。

「ご飯と牛乳は合わない」と言うのが理由だと発表されていますが、本音は違うんじゃないかと思っています。

『牛乳は栄養にならない』ことが分かったから、廃止を決定したのだと、思っています。

日本では牛乳は完全栄養食品であると言われ、世間では牛乳信仰が浸透し、牛乳は骨粗鬆症の予防に役立つと言われています。

牛乳は、子牛が必要な栄養素を摂取するためだけに作られた特殊な液体です。

どのような動物でも母乳を飲むのは生まれてから間もない子供だけです。

自然界で大人になっても母乳を飲む動物など存在しません。

赤ちゃんは母乳から必要な栄養素を吸収するために、主成分である乳糖を分解する消化酵素ラクターゼがあります。

ところが、生後一年前後の離乳期を過ぎると、ラクターゼがほとんどなくなります。

そのため、いくら牛乳を飲んでもカルシウムが乳糖と一緒に排泄されてしまいます。

北欧の人たちは人種的な特徴として、成人になってもラクターゼの分泌がさかんです。

しかし、黄色人と黒人はラクターゼを作る働きが弱いとされています。

牛乳に含まれるカルシウムは乳糖と結合して存在しているため、乳糖を分解できない日本人が牛乳を飲んでもカルシウムは
吸収できません。

乳糖を分解できなければ、大変濃い動物性たんぱく質を摂る事により、消化不良の下痢、悪性ガスの産生、他の栄養成分の吸収阻害、肝機能障害などを引き起こしかねません。

牛乳のタンパク質に含まれる物質が原因となるアレルギーや自己免疫疾患、西洋に多い腺がん(前立腺がん・精巣がん・大腸がん・肺がん・乳がん・卵巣がん・子宮体部がんなど)は、牛乳に含まれるホルモンが影響していると言われています。


栄養が豊富と言われているけど、摂れているかどうか分からない、

しかも悪影響を及ぼすかもしれない、『ホルモン』も、『薬』も、『添加物』も、豊富な牛乳を子供に飲ませることが賢明な選択か?

あなたなら、どうお考えになられますか?


もし食が気になり、詳しく知りたい時は、[からかく]にご相談ください。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

岐阜,各務原,関市で肩こり,腰痛,寝違え,膝痛でお悩みなら
真心こめた丁寧な施術、躰・工房 各務原店(からかく)の
カイロプラクティック,整体へ

産後の体重増加や骨盤の歪みなど、骨盤矯正
30代、40代、50代、60代以上の方にも出来るダイエットなど、
ご相談、カウセリングも随時受付中

投稿者: 躰・工房各務原店

SEARCH

CATEGORY

Facebook
Twitter