健康ブログ

2018.02.12更新

 

私たちは、生きていくために必要な栄養素を食べ物から得ています。

食事

口に入った食べ物は、歯で噛み砕かれ、胃で溶かされ攪拌され、その後、酵素の働きによって体にとり込まれやすい形に変えられます。

そして小腸から体内に吸収され、全身の細胞に運ばれます。細胞に運ばれた栄養素は、体のあらゆる機能の維持のために使われます。

消化管で分解・吸収されなかったものは不要物として排泄されます。

胃腸

多くの方は、食べたものが全て吸収されると思っています。しかし、実はそれは正しくありません。医学的には腸は体の外と考えられています。腸から吸収されることではじめて体内にとり込まれたと判断します。

食べ物の腸での体内吸収率は人によって異なるので、腸を通過した栄養素のうち、実際に何パーセントが吸収され、利用されるのか考えなければいけません。

 

つまり「何を食べるか」だけでなく「いかに吸収、利用させるか」が大事なのです。

体内で行われる化学反応やエネルギー変換のことを代謝といいますが、代謝がスムーズに行われるためには、さまざまな栄養素が複合的に必要になります。栄養素は必ずチームで働くのです。

サプリメント

美肌のためにと「ビタミンC」や「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などのサプリメントを単独で飲むことは間違いではありませんが、あまり効果的ではありません。また、糖質制限ダイエットのように特定の栄養素を制限する食べ方は、チームのバランスを欠くことになり、代謝がスムーズに行われませんので注意が必要です。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.08更新

 

健康と美容を維持していくためには、【体・心・環境]のバランスがとても大切です。

 

食、心、環境のバランス

 

特に肉体的な健康には『食、睡眠、精神状態』は直結しています。精神の健康は睡眠に直結しますが、食にも大きく依存しています。

食事の大切さや栄養が不可欠なのは、皆さんご存知の通りなのですがこれがとても困難なのが現状です。日本の食は混迷を極めているといっても過言ではありません。一般家庭でこれだけ世界各国の料理を食べる習慣のある国は他に例をみません。朝はトーストに目玉焼きとドレッシングのかかったサラダ、昼は焼き魚定職、夜はカレーライス、週に一度は外食。最近はベトナム料理にはまっている・・・と聞いても珍しいと感じることもないでしょう。

 

豊富な食事

 

流通している食材の種類も他国の比ではありません。食べやすさや見栄えのよさの追求により、脂の乗った肉や魚、甘みを追求した果物が当り前に身近にあふれ、いつでも食べ物が手に入るコンビニや食材が安く手に入るお店も多くあります。

私たちの暮らしている日常は、普通に暮らしているだけでもエネルギーの摂り過ぎになりやすく、お腹いっぱいになることは簡単で、その一方で栄養バランスは偏りやすいのです。これは社会的な問題であり個人がどうこうと変えることは難しい現実です。

 

こうした現実の前に西洋医学もちょっとした困難に直面しています。

お医者さんは、「健康の専門家」ではなくて、「病気の専門家」です。病気と健康はハッキリと切り分けられるものではなく一直線上に連続しておこっている状態の変化です。なので健康を考えるときに、「完璧な健康」なのか「病気の要因を抱えている健康」なのか、「病気直前の健康」なのか、さまざまなレベルが人それぞれあり幅があるのです。

さらに困ったことに、健康の度合いは臓器ごとでも異なっています。心臓、血管、脳神経、消化管、肝臓、脾臓、血液骨髄系・・・。加齢するごとにそれぞれの臓器が酸化、糖化、炎症していくことで、身体の健康への余力が落ちていきます。そして、どれかの臓器の防御系が決壊すると病気になります。

難しいのはそれぞれの臓器の余力が非常に高いために、それぞれの健康状態を客観的に測定する方法が実際にはないということです。定期検査で血液検査をして、全てA判定が出たとしてもどれかの臓器が悲鳴をあげる寸前なのかもしれないということです。健康診断は完璧な健康状態であることを保証してくれるものではないのです。

 困るお医者様

では、健康を維持して、病気にならないためにはどうしたよいか?

例えば、特定の病気がわかっているのであれば、それに対して攻撃できる薬を作り投薬すればよい。これは「病気の専門家」の攻め方でお医者様の専門分野であります。しかし健康を守るためには、全ての方面に対して予備力、防御力を上げ高めるような考え方が必要となります。体の防衛能力を上げるには、食事や経度の運動が大切です。偏らずに満遍なく栄養を摂り底上げし、健康を害するリスクを取り除いていくこと。

さまざまな脅威から自分をどう防御するか。身体を支える要となる日々の食事をどうしたら見直すことができるか。興味があれば、ぜひ「耳つぼダイエットカウセリング」でご相談下さい。あなたに合わせて、あなたに出来る事を提案させていただきます。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.05更新

 

過去、健康とは、=病気ではない状態、と認識されていました。しかし、実際には、健康には「病気寸前」から「すごく健康」まで幅があるのです。

病気寸前であっても健康診断では「異常なし」と判定されてしまいます。しかし実際は病気に向かって進んでいる最中ですから、そこで安心してなにもしないでいると病気を発症してしまいます。

 

 健康診断結果

 

西洋医学は病気を治すための医療なので、対象は病気の人です。未病の状態の人の健康レベルを高めることはお世辞にも得意とはいえないようです。

基本的に、いままでお医者様に求められてきたのは「病気を治し、人の寿命を延ばすこと」でした。特に疫病など1人の人間が発症すると小さな村や町が滅亡してしまうような病気の根絶が西洋医学のテーマだったといって差し支えないかと思います。

現在、医療の発展により寿命は飛躍的に延びました。人口は爆発的に増えてきています。長生きを望むことは当り前で、誰もが享受できる幸せとなってきています。

 

お医者様は医学生の時からずっと「病気」について本当に多くのことを学ばれています。しかし、どうすれば健康でいられるか?アンチエイジングができるのか?ダイエットができるのか?学んではきていないのです。正確には、「医学的にこれらの答えはまだ見つかっていない」というところだそうです。

 

お医者様は、「健康の専門家」ではなく「病気の専門家」と理解すべきでしょう。

 

しかし、病気と健康は連続して繋がった同一線上に存在します。「病気がない状態」が「健康」なのですが、健康には「完璧な健康」や「病気の元を抱えている健康」「病気直前の健康」というようにさまざまなレベルがあります。すべて健康のカテゴリーに入るにもかかわらず、とても幅があるのです。

 

健康レベルを「健康」から「良好な健康」に上げるためには、正しい栄養の知識を身につける必要があります。若いころ、多少の不摂生をしようが、間違ったダイエットをしても不調を感じなかったのは生命力に余力があったからです。加齢により生命力が低下してくると無理がきかなくなってくるのは誰もが体感する現実です。

 

そのまま間違った食生活、生活習慣を続けていると病気になったり、老化が進んだりします。食事で大切なのは、六大栄養素を欠けることなく摂り、その上で活性酸素の害を減らす抗酸化物質を摂ることです。

 

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.01更新

 

人の美しさは、絵や彫刻と違い 造形としての美しさに加え、それを支え動かす「生命力」としての美しさがあります。

顔で言えば、皮膚の色や艶、髪の張りやコシ、表情、瞳の輝きといったものがないと成立しません。

 

生命力には肉体的な健康というだけでなく、活力やモチベーションといったものも必要となります。

老化とともに代謝やホルモンの活性が落ちれば、こうしたモチベーションを維持するには若いときとは違った工夫が必要となります。

私がいつもお客様にお伝えしている栄養や、食事のお話しは、この生命力を高め維持していくために必要なものと考えています。

 

美容外科

 

現代のアンチエイジングにおける美容医療・整形の発展は凄まじく、加齢によるホルモン分泌低下を補ったり、レーザーや化粧品、外科手術で肌を若返らせることが可能となってきています。しかし、その土台となっているものを見落としてはいけません。

 

美の土台は健康なのです。

 

アンチエイジングの効果を高め長持ちさせるためには、食事で健康度を高め、生活習慣を正すことで長く維持していく、これが大切です。

健康度は、=生命力と言い換えてもいいかもしれません。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

Facebook
Twitter