健康ブログ

2018.02.05更新

 

過去、健康とは、=病気ではない状態、と認識されていました。しかし、実際には、健康には「病気寸前」から「すごく健康」まで幅があるのです。

病気寸前であっても健康診断では「異常なし」と判定されてしまいます。しかし実際は病気に向かって進んでいる最中ですから、そこで安心してなにもしないでいると病気を発症してしまいます。

 

 健康診断結果

 

西洋医学は病気を治すための医療なので、対象は病気の人です。未病の状態の人の健康レベルを高めることはお世辞にも得意とはいえないようです。

基本的に、いままでお医者様に求められてきたのは「病気を治し、人の寿命を延ばすこと」でした。特に疫病など1人の人間が発症すると小さな村や町が滅亡してしまうような病気の根絶が西洋医学のテーマだったといって差し支えないかと思います。

現在、医療の発展により寿命は飛躍的に延びました。人口は爆発的に増えてきています。長生きを望むことは当り前で、誰もが享受できる幸せとなってきています。

 

お医者様は医学生の時からずっと「病気」について本当に多くのことを学ばれています。しかし、どうすれば健康でいられるか?アンチエイジングができるのか?ダイエットができるのか?学んではきていないのです。正確には、「医学的にこれらの答えはまだ見つかっていない」というところだそうです。

 

お医者様は、「健康の専門家」ではなく「病気の専門家」と理解すべきでしょう。

 

しかし、病気と健康は連続して繋がった同一線上に存在します。「病気がない状態」が「健康」なのですが、健康には「完璧な健康」や「病気の元を抱えている健康」「病気直前の健康」というようにさまざまなレベルがあります。すべて健康のカテゴリーに入るにもかかわらず、とても幅があるのです。

 

健康レベルを「健康」から「良好な健康」に上げるためには、正しい栄養の知識を身につける必要があります。若いころ、多少の不摂生をしようが、間違ったダイエットをしても不調を感じなかったのは生命力に余力があったからです。加齢により生命力が低下してくると無理がきかなくなってくるのは誰もが体感する現実です。

 

そのまま間違った食生活、生活習慣を続けていると病気になったり、老化が進んだりします。食事で大切なのは、六大栄養素を欠けることなく摂り、その上で活性酸素の害を減らす抗酸化物質を摂ることです。

 

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.02.01更新

 

人の美しさは、絵や彫刻と違い 造形としての美しさに加え、それを支え動かす「生命力」としての美しさがあります。

顔で言えば、皮膚の色や艶、髪の張りやコシ、表情、瞳の輝きといったものがないと成立しません。

 

生命力には肉体的な健康というだけでなく、活力やモチベーションといったものも必要となります。

老化とともに代謝やホルモンの活性が落ちれば、こうしたモチベーションを維持するには若いときとは違った工夫が必要となります。

私がいつもお客様にお伝えしている栄養や、食事のお話しは、この生命力を高め維持していくために必要なものと考えています。

 

美容外科

 

現代のアンチエイジングにおける美容医療・整形の発展は凄まじく、加齢によるホルモン分泌低下を補ったり、レーザーや化粧品、外科手術で肌を若返らせることが可能となってきています。しかし、その土台となっているものを見落としてはいけません。

 

美の土台は健康なのです。

 

アンチエイジングの効果を高め長持ちさせるためには、食事で健康度を高め、生活習慣を正すことで長く維持していく、これが大切です。

健康度は、=生命力と言い換えてもいいかもしれません。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2018.01.29更新

 

近年、「アンチエイジング」という言葉も雑誌やTVに度々取り上げられ、目にする機会も増え世間にも浸透しつつあるように感じます。

いつまでも若く美しくありたいと望むことは、男女を問わず当り前のことでしょう。

しかしなにごともやりすぎはよくありません。

 

アンチェイング

 

人間には年齢相応の空気感、雰囲気、オーラみたいなものがあり、【美]には年齢とともに厚みを増す風格みたいなものが絶対的に必要になります!

人工的(外科的)な若返りにより「実年齢マイナス20%」を超えると、存在がかもしだす雰囲気に不安定さがにじみ出てきてしまうそうです。

 

若返りを求めるのであれば、30歳の方であれば24歳まで。40歳の方であれば32歳まで。50歳の方であれば40歳までが自然な若々しさと言えるでしょう。それ以下に見せる必要はない・・・と言うか。するべきではないと私は感じています。

 

美しさ、若々しさというのは、自己満足だけでは完結せず、それと対に他者による視点が必ず存在することを忘れてはいけません。

自己視点による美しさと、他者視点による美しさのバランスがとれたとき初めてあなたの【美】が完成すると言えるでしょう。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.12.27更新

 

12月16日(土)は、昼から休診させていただき大阪へ痩身会のセミナーに参加してきました。

 

今回のテーマは「ピルを飲むと太るって本当?」でした。

 

確かにお客様の中には、生理不順やPMP 更年期障害の治療のためピルを飲まれそれから太ったと感じられている方が多勢みえます。

 

 悩む

 

そもそもピルは、女性の体に『赤ちゃんがいますよ~』と誤解させる薬です。

妊娠中は生理がなくなりますから当然生理痛はなくなりますし、生理前のイライラ(PMP)も軽減できます。

また薬を周期に合わせて飲む・飲まないをすることで生理周期を安定させるのにも使用されます。

 

体内に赤ちゃんがいると、女性の体は本能的に栄養とカロリーを摂取しようとします。がっつり「食べるスイッチ」が入るのです。

なのでピルを飲んでいると「食べるスイッチ」が入りまくって食べ過ぎる → 結果として太る ということらしいです。

また妊娠中の体は、いざという時のためにカロリーや栄養を蓄えようと働くので脂肪がつきやすくなっているのも一因となっているそうです。

 

体にいないはずの赤ちゃんをいると誤認させるという事は、誰が考えても不自然なことだと分かります。当然常用すると体に良くないこともおこります。

 

「生理痛がツライから」「更年期障害が怖いから」しかたがなく飲まれている方も多いと思います。

では「ツライ」→「薬を飲む」という悪循環を断つにはどうしたらよいのか?

生理痛の原因とは、女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)やよく似た物質のプロスタグランジンの影響だそうです。

これらの物質が子宮を収縮させ血流を減少させることにより痛みを引き起こすと考えられています。

血流が滞り筋肉が収縮・・・肩こりや腰痛に似てますね。

と言うことで、改善するためには血流が重要だということになります。

血流を増やせば、生理痛が軽くなり、冷え性もなくなり、基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすくなります。特に子宮や骨盤周りの血流をあげることが大切です。

 

そのために何をすれば良いのか?

正しい温活です!

 

温活

 

1.着る物を工夫する

ただ厚着をするのでは駄目です。締め付けがきつくなり血流が下がることもあります。

[首]がつく場所(首、手首、足首)を重点的に温め冷えないようにすると効果的です。

さらに腹巻などでウエストを温めると子宮も温まりなお良しです。

 

温浴

 

2.お風呂、半身浴

冬場でもシャワーだけで済ませる方がみえます。これはもったいないことです。

湯船にしっかり浸かることで、確実に体全体が温まります。

さらに良いのが半身浴。20~30分浸かると心も体もポカポカのなります。

当院でオススはゲルマニウム温浴です。20分の手足浴で効率的に全身を温め汗をかくことが出来ます。

 

階段のぼり

 

3.筋肉量を増やす

人間の熱を生産しているのは7割が筋肉です。なので筋肉が不足していると発熱が弱くなり冷えやすくなります。子宮に関係する部分ですと、大殿筋(お尻の筋肉)が重要です。

お知りの筋肉を鍛えるには「歩く」「階段をつかう」「スクワット」を習慣に取り入れるのが良いでしょう。

 

根菜

 

4.温める食物

毎日の食事で温めることも大切です。まずカフェインは体を冷やすので控えめにしましょう。

砂糖などの甘いものは、エネルギーになるイメージで温まりそうですが、血液をドロドロに重くしてしまい血流が悪くなることで体を冷やします。

オススメ食材は、ごぼう、人参、かぼちゃ、レンコン、ネギなどの根菜類です。一番は[しょうが]です。出来れば乾燥させた[しょうが]がベストだそうです。

 

腸内環境

 

5.腸内環境を整える

子宮を温めているのは腸です。腸が温まれば自然子宮も温まります。腸活することが温活に繋がり、生理痛を軽くするポイントになります。

当院のメニューだと、腸もみマッサージが最適です!腸活のためのレクチャーからアドバイス、腸を外からマッサージすることで腸内環境を整えやすい状態をつくりますのでオススメです。

 

太ったら痩せにくくなってきたと感じている方、

温活、腸活、したい方、

正しいダイエットが知りたい方は、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

 

〈資格取得セミナー受付中!〉

あなたも耳つぼ先生になりませんか?

 未経験でも独立開業できます!(マンション、自宅開業可)

主婦、OL、サラリーマン、定年退職者の方にお勧めです!

大勢の方から喜ばれる、とてもやりがいのあるお仕事です。


もし少しでも興味があれば、コチラをクリック

バナー

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.11.13更新

月いち開催の大阪痩身会セミナーに行ってきました。

 

大阪イメージ

(写真はイメージです)

 

今回は、[未病のエキスパート医師]による『日本人の肥満の原因』をお勉強してきました。

 

主な内容は・・・

 

・ストレスがたまれば肥満になる

・不眠である限り肥満は改善しない。

・タンパク質不足が肥満の一因

・ビタミン、ミネラル不足も肥満の原因

・糖質の中毒性を理解する

 

などなど、非常に濃い内容のセミナーでした。

できれば、じっくりと内容を一日がかりのセミナーにしてほしいくらいデス

 

セミナーでわかったことは、「食生活、ストレス、不眠すべてを改善しなければ老化は進み、 肥満、生活習慣病になる」っということでした。

 

小麦製品には中毒性がある?

糖質をよくとる人はダイエットに向いていない?

肥満の人は食欲を抑えられない?

食欲を抑えられない人が肥満?

閉経後のダイエットは困難?

 

得た知識は岐阜に帰ったら、ちゃんとシェア!

知識の共有

 

友だち追加

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.11.13更新

のんびりお楽しみの後は、お志事モードへ

カフェミーティングは、雰囲気も大切ですよね!

僕は、ここでのミーティングがとてもお気に入りです。

アルモニー

ここはロケーションが最高なのです。

下には長良川の清流、眼前に風水で最強の呼び名も高い(?)金華山が綺麗で優雅な気分が味わえます。

 

プチアルモニー

 

真面目な話しがひと段落したら、スィーツを食べましょうか?ってことになります。

 

岐阜のスィーツ

自分は、林檎をコンポートしたケーキをチョイス(手前のケーキ・・・名前は忘れた汗)

ここは、焼きが入るケーキが美味しい気がします。

 

優雅な気分で、美味しいケーキをつつきながら、

これからの目標や夢なんかを笑いを交えて盛り上がるのは本当に楽しいですね!

 

友だち追加

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.11.03更新

本日は、夕方からのミーティングだったので

その前に家族で昼ごはんを食べに柳津にある[石窯パン工房 ドゥマン]

[石窯パン工房 ドゥマン]は、各務原市からはちょっと遠いのですがお気に入りのパン屋さんのひとつです。

いつも購入したパンを、店内のイートインスペースか、そとのテラスで頂くのが定番。

セルフサービスで無料のコーヒーがあるのも嬉しいポイントです。

今日のお昼はパンにしよう

左から

下娘セレクト、チーズ系?

上娘セレクト、塩パン(渋いな!)

自分、ちょっとハード系のサンドイッチ

奥さん、タマゴサンド

子どもたちは、この後ピザやら甘いのやら食べておりました。

 

ここはパンの種類が豊富で、美味しくて近くにあったら毎日でも通いたいくらいです。

・・・むしろ遠くでよかったかもしれませんね。

 

友だち追加

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.10.22更新

資格取得セミナー

10月22日(日)

事前打ち合わせ中

伝えたいことは山ほどある中、絞り込んでいくのが大変汗

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.10.21更新

午後から大阪でのセミナー

「肥満が続くとロコモになる」
~将来のロコモ予防に今すぐ必須のダイエット方法を教えます~

という演題でした。

ロコモティブシンドローム予防

 

ざっくりと認知症の原因

1 脳梗塞などによる脳へのダメージ→寝たきり→認知症

2 肥満による足腰へのダメージ→寝たきり→認知症

 

認知症になると家族は非常に経済的&精神的な負担を強いられます。

そうならないためには、予防が重要です。

 

認知症予防のための具体案としては、

①代謝できる身体を作る

②血液をきれいにする

③足腰を大切にする

④強い身体を創る

⑤ダイエットして痩せる

これらが一度にできるのが[耳つぼダイエット]です!

そして生命代謝活動が活発になる冬こそダイエットのチャンス!!

 

ダイエットを成功させるには、摂取エネルギーを正常にするための栄養指導と

出ていくエネルギーを増やし代謝を上げるための正しい運動指導が必要です。

 

躰・工房 各務原店の[耳つぼダイエット]なら

認知症《脳梗塞・ロコモ》予防のためのダイエットができます。

ぜひ一度、カウセリングを受けてください。

 

友だち追加

 

投稿者: 躰・工房各務原店

2017.09.26更新

 

世界的に、人の寿命は延びています。

特に日本は、生活環境・医療技術・食環境・衛生環境が良く

100歳まで生きられる可能性が世界的に見ても高いそうです。

 

今現在の日本人の半数はすでに90歳まで生きられる時代になっています。

寿命の伸びは今後も続き、2007年生まれの半数は107歳まで生きられるそうです。

こんな時代になってくると、いままでの65歳から余生という考え方は通用しなくなってきます

 

 

60代からの生き方で大切になってくるのは、[健康][経済]です。

社会と関わり続けられる程度に、心身共に健康であること

それを支えられるだけの経済力が継続できることです。

 しかし、60代から新しく事を起こし、努力し勤勉に続けるのは、非常に苦しい事だと思いませんか?

当院では、これからの時代必要とされるこれらも提供していきたいと考えています。

 

もし[健康]と[経済]が、両方とも楽に手に入る方法があるとしたら

お知りになりたくないですか?

 

この話しに興味を持ち、詳しくお知りになりたい方は、

「[60代からの生き方]について、話しを聞きたいです。」とメールまたはお電話でご連絡下さい。

 

 

 

投稿者: 躰・工房各務原店

前へ 前へ
Facebook
Twitter