産後の骨盤矯正

どんな人に受けて欲しいか?

出産後の女性は骨盤が開いたままの状態になっていて、徐々にもとの形に戻ろうとします。このとき、骨盤に歪みのある状態で戻って固定されてしまうと、腰痛や肩こりの原因となります。また出産後の肥満にもつながります。
産後2~3カ月の方は、出産後の体調を整えるために、自覚症状がなくても骨盤矯正をすることをお勧めします。

骨盤矯正を受けてほしい方

  • 産後の女性すべて
  • 出産後にどうも体調がよくない方
  • 出産後に腰痛で悩んでいる方
  • 生理痛が重い方
  • 不妊にお悩みの方

産後の骨盤矯正で、何が変わる?

女性の骨盤はそもそも不安定なもので、歪みが生じやすい特性があります。
出産時に開いた骨盤は、産後2~3週間から徐々にもとの形に戻っていきます。そのとき、骨盤にねじれや歪みが残ったまま戻ると、その状態で固定されてしまいます。
骨盤が歪んだまま生活を送ると、体に負担がかかり、腰痛や肩こりの原因となるばかりでなく、次に産まれるお子さんの妊娠・出産にも影響が出る可能性があります。
また、出産後の肥満の原因にもなります。

そういった骨盤による痛みや不安に悩まされている人は、当院の骨盤矯正をご検討ください。

骨盤は、骨盤が柔らかい産後2~3ヶ月からの矯正がもっともスムーズですが、出産から時間が経過していても、体の健康のためには矯正を行うことをお勧めします(回数は多くかかります)。

矯正後はベルトやガーターで骨盤を固定していただくとスムーズです。
受けた方は、それまでは気にならなかったが、腰が軽くなったといわれます。
男性は骨盤が大きく硬いですが、カイロのコースの中で組み込みます。

躰工房各務原店は何が違うのか

当院の骨盤矯正は、中央部分の高さが調整できる「ドロップテーブル」という専用のベッドを使用します。
ドロップテーブルはうつぶせ寝で、骨盤部分の床の位置だけを落として施術します。
体の負担が少なく、確実、痛みがなく、矯正力の高い施術が可能です。

予約

まずは、電話で「骨盤矯正の予約をお願いします。」とご予約ください。
完全予約制ではありませんが、予約がない場合は予約者優先とさせていただきます。

来院・問診

カルテに必要事項を記入していただきます。
問診票の記入内容や、お話の内容から、症状などを確認します。

検査

シャツ、ジャージにお着替えください。
お客さまの状態を適切に把握するため、背骨や骨盤などの骨、関節の歪みや異常の確認、筋肉の検査などを行います。

背骨や骨盤などの骨、関節の歪みの調整

症状や体調、体質、体力などの健康状態に応じて、背骨や骨盤といった骨や関節の歪みの調整をします。

アドバイス

日常生活の予防法として、運動方法、生活習慣などをアドバイスさせていただきます。
慢性的な痛みに関しては、何回かの通院をおすすめします。

  施術やご予約のお問い合わせはお電話、又はお問い合わせフォームからご連絡ください。
  出来るだけ早くお返事させてただけるように努めております。

    ご予約TEL:058-375-3258
 

    ご質問・ご予約のお問い合わせフォームはコチラ

 

Facebook
Twitter
友だち追加